河村矯正歯科ブログold

2011年3月 7日 月曜日

永久歯の先天欠如-きれいな歯並びをみなさまに! 名古屋の河村矯正歯科

28本の永久歯のうち、1~数本が何らかの原因で作られず、欠損している「先天欠如」の子供が10人に1人いることが、日本小児歯科学会の初の全国調査で明らかになりました。
平成19~20年に、先天欠如以外の理由で歯科を受診した12都道府県の7歳以上の子供1万5544人を調査。先天欠如は1568人(10・1%)で見つかり、男子では9・1%、女子では11・0%でした。
先天欠如は原因不明で予防はできず、矯正治療やインプラント(人工歯根)治療など、専門的な治療が必要となります。
パノラマと呼ばれる全ての歯と顎の骨の状態をチェックできるレントゲン写真を撮るとすぐに発見できるのですが、学校歯科検診ではレントゲン撮影はしないため発見が遅れることがあります。また、虫歯などで歯科を受診しても部分的なレントゲンしか撮らないことが多いので発見されない場合があります。
当院でも矯正治療を開始するにあたり、レントゲン写真を撮ってみたら実は先天欠如だったなんてことが時々あります。もし、先天欠如だとわかったらお早めに専門の歯科医に相談されることをお勧めします。また、デジタルレントゲン装置(当院には設置済み)なら従来のレントゲン装置よりも撮影時のX線被爆量が格段に少なくなりますので、先天欠如の有無のチェックためにパノラマレントゲン写真を撮ってみるのもよいと思います。10人に1人の確率ですからね。

投稿者 河村矯正歯科 | 記事URL

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30