HOME > 矯正治療について > 症状別

症状別

症状別

出っ歯

出っ歯

上の前歯が前に斜めに出ている場合や、上の歯全体が前に出ている状態。
口を閉じにくかったり、見た目も口全体が出っ張って見えることがあります。

治療方法

前歯を広報へ移動させるとともに、奥歯をしっかり咬み合わせます。
口元の突出感をすっきりさせます。

すきっ歯

すきっ歯

歯と歯の間にすき間がある場合、見た目も気になりますが、噛み合わせが悪かったり、歯の間から空気が漏れたりして、発音が不明瞭となる場合も多くあります。
また、歯のすき間に食べカスが残りやすいので、歯周病やむし歯の原因になりやすいので注意が必要です。

治療方法

少しずつ歯を移動させながら隙間をなくしていきます。
噛み合わせが原因ですきっ歯になっている場合は、噛み合わせの矯正も行います。

受け口

受け口

通常上の歯が下の歯に被さるべきところが、下の歯や顎が前に出ていて、逆の噛み合わせになっている状態。
噛み合わせが悪く、外見上の悩みをお持ちの方も多くいらっしゃいます。

治療方法

上の前歯を前に出す、下の前歯を後ろに下げることにより、受け口を改善します。
骨格的な受け口の場合は、顎の骨の手術を行う場合もあります。
矯正後は見た目、特に横顔が大きく変わります。

開咬

開咬

上下の前歯の間にすき間が開いている状態で、舌の位置や動かし方に問題があります。
前歯で物を噛めないため、奥歯に負担がかかり過ぎたり、発音が不明瞭になります。

治療方法

舌のトレーニングを併用しながら、前歯の上下的な隙間をなくします。
治療後は前歯で物が噛みきれるようになり、発音も明瞭になります。

八重歯

八重歯

八重歯は、犬歯が外に向かって斜めに出ている状態。
歯の生える順番や顎の小ささがその原因で、見た目の悩みのほか、むし歯や歯周病などになりやすく、注意が必要です。

治療方法

日本では八重歯はチャームポイントとして捉えられることもありますが、海外ではドラキュラの歯と言われており、矯正治療が必要です。
まっすぐきれいな歯並びにすることで、笑った時の印象も変わります。

交叉咬合

交叉咬合

咬みづらさや顎の歪みなどの悩みをお持ちの方も多く、交叉咬合の場合、歯を早期に喪失することが多いため、自分の歯を長期に健康に保つために矯正治療をおすすめします。

治療方法

正しい位置に歯を移動する事により、咬み合わせの改善と顎の歪みの改善ができます。
顎が大きくズレている場合は、顎の骨の手術を行う場合もあります。