HOME > 矯正治療について

矯正治療について

矯正装置の種類

矯正装置の種類
目立たない矯正装置
目立たない矯正装置

透明な装置を歯に取り付ける、または治療に使用するワイヤーを白くすることで、矯正装置をつけていることがわかりづらくなります。

裏側矯正装置一般的に歯の表側に装着する矯正装置を、歯の裏側に取り付けることによって、一見では矯正治療をしているかほとんどわかりません。
透明な矯正装置症状が軽い方には取り外しのできる、透明な矯正装置を使用することも可能です。
インプラント矯正骨にインプラントを埋め込んで固定することで、難しい症状や複雑な矯正治療にも対応することができます。

治療期間の目安

子供の矯正
子供の矯正
期間永久歯が生え揃う(~12歳頃)までに矯正を行います。

お子さまの場合は、取り外しが可能なマウスピース式の装置を使う場合が多いのですが、永久歯が生え揃ってからは、ワイヤー装置を装着します。
詳細はこちら をご確認下さい。

大人の矯正
大人の矯正

基本的にワイヤー装置を表側に装着します。スピーディーに歯が動く治療システムを採用しています。

期間非抜歯の場合1年、抜歯の場合2年が目安です。

なお裏側に装着する装置の場合は、目立たない反面、違和感があり、治療期間も約1.5倍かかります。また仕上がりも表側の装置の場合とは、若干異なります。
比較的症状の軽い方は、マウスピース矯正でも治療可能です。

無料相談に対応

当院では、初回の相談は無料です。どうぞ、お気軽にご来院ください。